ポータブルアルコールチェッカー
(HDK-J8)

アルコールチェッカー.jpg

アルコールチェック義務化

令和4年(2022年)10月1日より、運転手の酒気帯びの有無の確認をアルコール検知器で行うこと、アルコール検知器を常時有効に保持することが義務付けられます。
警察パンフレットhttps://www.npa.go.jp/bureau/traffic/insyu/img/ankanleaflet.pdf

ご購入を希望の方は、「お問合せ」又は電話にてご連絡ください。

アルコールチェッカー案内.jpg